黒豆の煮方とレシピ 黒豆の種類 さびた釘

黒豆煮方のおいしい作り方と黒豆の種類

黒豆煮方は、綺麗に洗った黒豆を砂糖、醤油、塩それに重曹それに12カップの水と混ぜ、さびた釘を入れてから煮立たせます。煮立ったところへ黒豆を入れ一晩浸けておきます。中には、調味料と水を加えそのまま黒豆を一晩浸けておく人もいます。黒豆はだいたい6時間以上は浸けておきたいものです。

おせち料理の黒豆と一言で言いますが、その昔は関東と関西ではまめの種類が違っていたようです。同じ黒豆なのですが、関東では雁喰(がんくい)といって扁平の形になっている豆でした。関西は粒の大きさから葡萄豆と言われる、丹波の黒豆を使っていました。どちらも黒豆煮方には変わりはありません。

関東の黒豆煮方は、途中でビックリ水を指します。そこで黒豆にしわが寄ります。弱火で煮ながら、何度も差し水をしながら仕上げていきます。関東では、何回もに分けて砂糖を入れるようです。関西の黒豆の煮方は最初に調味料をすべて合わせた煮汁に黒豆を一晩浸けておきます。

最近はデパートへ行けば、関東のしっかりした味付けの黒豆も関西のふっくらした黒豆も手に入れることが出来ます。黒豆の種類もたくさんあります。近くのスーパーでも、真空パックやレトルトパックにした黒豆が販売されています。自分の好きな黒豆煮方の商品をすぐに手に入れ、食べたい時に食べられるようになりました。

黒豆煮方のための錆びた釘と黒豆の分量

黒豆煮方のための錆びた釘は、探すのがとても面倒です。そこで釘を用意して土に埋めておいたり、野ざらしにしておくなど工夫がいります。このようにして10本ほどのさび釘が用意できたら、丁寧に洗ってガーゼなどに包んでおきます。黒豆の分量はこのさび釘に対して600グラムが適当です。

関西の黒豆である丹波の黒豆は、直径1センチほどの豆ですが、実際にふっくら煮ると2倍以上に膨らみます。他の黒豆の種類よりも、黒豆煮方をそんなに神経質に考えなくても、急に冷やすことなくゆっくり煮ればふっくらとラグビーのボールのような形に仕上がります。

関東と関西では好まれる黒豆が違います。関東ではしっかり味が付いていて、ちょっと固めでしわが寄った黒豆、関西はふっくらとした甘さの残るつるつるの黒豆です。これらは黒豆煮方によって違ってきます。歯ごたえのある固めが好きなのか、それとも軟らかくて甘いのが好きかによります。

黒豆煮方で大事な味付けは、砂糖と醤油です。後は隠し味に塩を少々とさび釘それにふっくらと仕上げるために重曹を使います。関東と関西で味付けが違うのは、この砂糖と醤油の配合だと言えます。どちらも最初からたくさんの分量を入れずに、黒豆の煮方の過程で味見をしながら調節したいものです。

おせち料理にかかせない黒豆を家庭で作る

おせち料理にかかせない黒豆を家庭で作るには、まず粒がそろっていて大きい黒豆の種類を選ぶことから始まります。大きな粒の丹波の黒豆は、黒豆煮方を間違わなければふっくらと軟らかい黒豆が出来上がります。そして、照りつやを出すには、黒豆煮方用の錆びた釘も必要となってきます。

最近では、年末のおせち料理の一品としてだけでなく、いつでも黒豆が楽しめるように、黒豆のレトルトパックが販売されています。保存食としての賞味期限はそんなに長くありませんが、家庭で料亭の味が楽しめます。黒豆煮方を気にしなくても、手軽に黒豆を味わうことができます。

関東風でも関西風でも、黒豆をおせち料理に入れていただくことには変りありません。黒豆の黒い色にはアントシアニンがたくさん含まれていて栄養価が高く、ダイエット食にもなることが分かっています。我が家で一番好まれる黒豆煮方で、たくさん黒豆を煮てお正月を楽しみたいものです。

黒豆煮方は、場所によって違いがあると言えます。その土地でどんな黒豆が入手しやすいかと言うことや、味付けの好みによっても違ってきます。現在は、色々な地方の食品が簡単に取り寄せられます。色々な黒豆の味を試しながら、自分の口に一番合う黒豆を探したいものです。

関東と関西の黒豆煮方の味付けと煮方の違い

黒豆煮方は、煮る前の準備も美味しい黒豆をつくるための大切な要素となります。質のいい黒豆を用意したら、後は綺麗に洗ってごみなどを取り除きます。そして、黒豆の黒い色をより濃くつややかに出すために黒豆煮方用のさびた釘を使います。あらかじめ釘を10本ほど用意しておくことが大切です。

黒豆煮方に成功すれば、後は味付けです。甘さを控えめに煮ると、黒豆は和食だけでなくフレンチやイタリアンなどの食材にもうまくマッチできます。黒豆の色が強烈なので、アクセントとしていろいろな料理に使えます。最近では黒豆の栄養価が評価され、黒豆はいろいろな料理に取り入れられています。

黒豆煮方には、いくつかの方法があります。その一つに、最初に黒豆を洗ってその後水に一晩浸けておいて次の日火にかけ、コトコト煮てから調味料を入れ、途中何度も調味料を少しずつ足していく方法があります。黒豆を煮て、火を止めて冷ますことを繰り返して味を染ませていきます。

関東と関西の黒豆煮方を比べると、関東の方が失敗する率が少なく黒豆を煮ることができそうです。けれども、どちらの煮方でも長い時間がかかります。このような手間がかかるのですから、一度に600グラムは作りたいものです。家庭で作るとたくさんの量の黒豆が楽しめます。